クマザサはキレイ好き!?殺菌・抗菌に優れたクマザサの健康効果とは

クマザサはみなさんよく耳にし目にする植物なのではないでしょうか?森や山を歩けばいたるところに生えていますよね。

そんな普通の植物が健康に良いなんて考えたこともないと思いますが、実はクマザサはとても栄養素が豊富であり、美容・健康をサポートしてくれるとても働き者の植物なのです。

そんなクマザサの特徴や健康効果について詳しく説明していきます。

クマザサとは

クマザサの葉
クマザサは日本各地に自生し、森や林など山地によく生えている、日本人にとってはとてもなじみのある植物です。

日本人にとってはとてもなじみのある、よく見かける葉っぱがまさか健康にいいとか、栄養価が高いとか、クマザサの健康効果を知らない方は多いのではないでしょうか?

クマザサ(隈笹)は名前の由来にもなっている通り、歌舞伎の化粧法である隈取のように葉の外側が白く縁取られているのが特徴です。

もともとクマザサの栄養価が高いことは昔から知られていて、傷ややけど、生活習慣病などにも効果がある民間薬として使われてきたのですが、クマザサが食品として使われるようになったのは最近のことです。
葉の外側が白く縁どられたクマザサ
というのも、クマザサの繊維質はとても硬いために加工や調理が難しく、食用として用いられることはなかったのです。

そんなクマザサが青汁の原材料として使用されるようになったのも、クマザサの加工技術やクマザサを用いた青汁の製造技術が進化したためです。

クマザサが健康食品や青汁に使われるようになってから、クマザサの栄養価の高さや健康効果が世に広く認識されるようになり、現在もクマザサの健康効果に関する研究が進められています。

クマザサが青汁の原材料として使われるほどビタミンやミネラルを豊富に含んでいるのはもちろんのこと、クマザサの最大の特徴は殺菌作用や抗菌作用に優れている成分が豊富に含まれていることなのです。

クマザサの効果・効能

クマザサには次のような効果・効能が期待できます。

  • 胃の調子を整える
  • 動脈硬化の予防
  • 貧血の予防・改善
  • コレステロール値や血圧を安定させる
  • 口臭の予防
  • ニキビの予防

クマザサには安息香酸という芳香族化合物が含まれており、安息香酸の殺菌作用や解毒作用により細菌の発生や増殖を抑制することで胃を守り、胃の調子を整える働きがあります。

また、クマザサに含まれるフラボノイドには強い抗酸化作用があるため、免疫力の向上させて血中の脂質を調節し、コレステロール値の上昇を抑制することで動脈硬化の予防につながります。

そしてクマザサには葉緑素と呼ばれる天然色素が含まれているのですが、葉緑素は人の血液に存在するヘモグロビンの一部と似た構造をしています。

その葉緑素は体内に入ると鉄と結合し、ヘモグロビンに変化することで血管内のコレステロールを吸収して血流を良くすることで貧血の予防や改善にもつながります。

クマザサはとくに抗菌作用や殺菌作用、解毒作用に優れた植物であるため、体内環境を清潔に保ったり、口臭を抑えたり、肌のトラブルを予防したりと、とてもキレイ好きな植物なのです。

クマザサに関する研究データ

青汁や健康食品にクマザサが使用されるようになったということもあり、クマザサに関する研究は近年とくに進められています。

クマザサのエキスを狂犬病ウィルスに投与したところ、1.2%の濃度で狂犬病ウィルスの発育を阻害するという研究結果が得られました。この作用はクマザサに含まれる多糖類によるものであると考えられており、研究結果からクマザサに抗菌作用があることが示されました。(Anti pseudorabies virus activity of kumazasa extract. – NCBI

肝臓や腎臓に影響を与える四塩化炭素を投与したマウスに、クマザサの葉から抽出したエキスを経口投与したところ、肝臓と腎臓への損害を減少させ、肝臓で脂質過酸化とカルシウムの低下が見られました。これより、クマザサの葉に含まれる成分には致死毒性から保護し解毒する作用があることが示されました。(Sasa veitchii extract suppresses carbon tetrachloride-induced hepato- and nephrotoxicity in mice. – NCBI

クマザサの副作用

基本的にクマザサを摂取することで副作用が起こる可能性は極めて低いため、とくに心配する必要はありません。

ただし、クマザサはイネ科の植物であるため、小麦から作られるパンや大麦から作られるコーンフレークなどでアレルギー反応が出る方は注意が必要です。

ちなみに米もイネ科の植物ですが、米は比較的アレルギーが出にくいためアレルギーに気づかないという方もいらっしゃるでしょう。

もしクマザサを使用した青汁を飲んでアレルギー症状が出た場合は、直ちに青汁を飲むのを中止し、症状がひどい場合は必ず医師に相談するようにしましょう。

そしてもちろんクマザサの過剰摂取にも注意が必要です。クマザサの青汁を飲みすぎるとビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素を摂り過ぎてしまうことにもなり、健康に良い栄養素と言えど過剰摂取してしまえば健康被害を招く危険性が高まってしまいます。

クマザサに摂取目安量は定められていませんが、クマザサが使われている青汁を飲むときは商品ごとの摂取目安量を守って飲むようにしましょう。