やずやの養生青汁

やずやの養生青汁

6,804
やずやの養生青汁
5.74

総合評価

6/10

    原材料

    7/10

      飲みやすさ

      5/10

        コスパ

        5/10

          口コミ(※ネット上の口コミによる評価)

          6/10

            良い評価

            • 成分が大麦若葉、デキストリン、ハト麦エキス粉末だけで添加物が入っていない
            • 青汁を飲むのが苦手な人のために、サプリメントのように飲める粒タイプもあり

            悪い評価

            • 食物繊維が少ない
            • 粒タイプは1日の量が多すぎる

            商品詳細

            価格:
            ¥6,804
            内容量:
            3g×63本
            販売:
            やずや

            商品説明

            やずやの養生青汁は大分県国東半島の六条大麦若葉を使用した高品質の青汁です。

            飲みやすさにもこだわり、ほんのり甘いハト麦エキス粉末と味をまろやかにするデキストリンを配合した口当たりの良い青汁になっています。

            原材料

            大麦若葉、デキストリン、ハト麦エキス粉末

            栄養成分(1本(3g)あたり)

            エネルギー 11kcal、たんぱく質 0.3g、脂質 0.1g、炭水化物 2.3g、ナトリウム 10mg、カリウム 88mg、カルシウム 5mg、マグネシウム 2mg、リン 7mg、鉄 0.3mg、亜鉛 0.03mg、ビタミンA 20μg、β-カロテン 238μg、ビタミンE 0.1mg、ビタミンK 32μg、ビタミンB1 0.01mg、ビタミンB2 0.02mg、ナイアシン 0.2mg、葉酸 15μg、食物繊維 0.02g

            保存方法

            直射日光、高温・多湿を避けて涼しい所に保存してください。

            商品に関するQ&A

            Q 「やずやの養生青汁」は1日どれくらい飲めば良いのですか?
            A 粉末タイプは個袋装のスティック2本が1日の目安で、レギュラーサイズの箱には63本(1か月分)が入っています。
            粒タイプも1袋15粒入りのものが63袋(1か月分)です。
            Q 「やずやの養生青汁」の粉末タイプと粒タイプはどう違うんですか?
            A どちらも成分自体は変わらないので、青汁に抵抗がない方は粉末タイプ、苦手な方は粒タイプをお勧めします。

            やずやの養生青汁の特徴は?

            やずやといえば、CMでお馴染みのにんにく卵黄や香醋などの健康食品で有名な会社ですね。それらの商品と並んで有名な青汁が「やずやの養生青汁」です。

            やずやの養生青汁の主原料は大麦若葉であり、土づくりからこだわり、化学肥料や農薬を一切使わず育てられた大分県国東半島の六条大麦若葉が使われています。

            また、やずやの養生青汁を飲めば、1日目安2本でキャベツ約47.6枚分(1枚あたり50g)のビタミンE、ピーマン約3.2個分(1個あたり30g)のカルシウムを補うことができるようです。

            しかし、やずやの養生青汁には疑問点が1つあります。それは製法です。

            やずやの養生青汁は大麦若葉を細かく刻んですり潰したものを搾り粉末にして作っているそうです。つまり、大麦若葉そのものを粉末にしているわけではなく、大麦若葉のエキスを粉末にしているということです。

            ということは必然的に、食物繊維が大幅に失われていることが考えられませんか?

            詳しく調べてみると、やずやの養生青汁に含まれる食物繊維は1本(3g)あたり0.02gしか含まれていません。一般的な大麦若葉であれば、食物繊維は100gあたり40g以上含まれていますが、やずやの養生青汁は100gあたりとしても約0.7gの食物繊維しか含まれていないのです。

            年齢や性別により異なりますが、食物繊維は1日あたり20~25gの摂取が理想的です。一般的な大麦若葉であれば1日50gで済むところ、やずやの養生青汁では1日0.04gしか摂取できません。

            また、現代の日本人の平均的な食物繊維摂取量は14gであるため、やずやの養生青汁では摂取目安量の足しにもならないのです。

            このように、やずやの養生青汁は製法が原因で食物繊維が大幅に失われてしまっています。それでもやずやの養生青汁が売れ続けているのには、会社の歴史があり名前が有名だからかもしれません。

            青汁で最も実感しやすいと言われているはずの整腸作用や便秘解消効果ですが、食物繊維が圧倒的に足りないやずやの養生青汁では大した効果は期待できないでしょう。